最後の日まで日々の子守歌  ― ルネ・シャール ―


いくたびとなく、たびをかさねて、

人はねむり、肉体により、めざめさせられる。

ついで、ひとたび、ただひとたび、

人はねむり、肉体をうしなう。

f0070253_21253089.jpg
[PR]
by rin1coco | 2006-09-14 23:58 |
<< 自分自身に   ― 吉野 弘 ... 紙風船  ― 黒田三郎 ― >>